› 岡崎市・国際交流・多文化共生 「Vivaおかざき!!」活動ブログ
★参加者募集★
支援に役立つ日本語教室
 災害時・緊急時に必要な知識と言葉を学ぶ日本語教室です。
日本語パートナー養成講座
 日本語教室と連動したボランティアの育成講座です。

2017年04月03日

折り紙教室を開催しました!


こんにちは!
vivaスタッフのもりしたです。

4月2日(日)にりぶら102A会議室で
折り紙教室を開催しました。

岡崎市で毎年4月に行われる家康行列に
「多文化共生すすめ隊」が今年も参加します!!

今回は、「多文化共生すすめ隊」で配る手裏剣を
参加者の人たちと作りました!

教室にはインドネシアの方たちが参加してくれました!



まずは、手裏剣の折り方を説明しながら
みんなで折りました。

始めは苦戦していましたが、
手裏剣を折ったことのある人が教えるなど
みなさん徐々に上達しました。





みなさん一生懸命折ってくれたことと、
自宅で作った手裏剣を持ってきてくれた方のおかげで、
手裏剣がこんなに集まりましたキラン




みなさんのおかげで今年もたくさんの手裏剣を
配ることができそうです!

4月9日(日)の家康行列で
ぜひ「多文化共生すすめ隊」を探してみてください!  


Posted by Vivaおかざき!! at 23:03Comments(0)その他

2017年03月08日

病院に役立つ日本語教室 第4回目が開催されました!

こんにちは!

vivaスタッフのもりしたです。

3月5日(日) 13:30~15:30

りぶら102会議室


病院に役立つ日本語教室 第4回目

が開催されました!


あっという間に最終回となってしまいました。

今回のテーマは、薬の飲み方(使い方)と、

病院に役立つ日本語教室で学んだことのふりかえりです!


始めに、前回の教室の復習として
どんなことを学んだかを話しました。

みなさん前回のワークシートを見ながら、
メモしたことを思い出していました。
また、前回休んでいた人や、今回初めて参加する人に
学んだことを話しているグループもありました。




その後、薬の袋を見ながら薬の飲み方(使い方)について
話しました!

「1日1回」「朝・昼・夜」「食前・食後」など
薬を飲む回数やタイミングなどはみなさん知っていたようでした。
それだけではなく、「内服薬・外用薬・頓服薬」「1錠」など、少し難しい言葉や、
注意書きのところに書いてある文をパートナーさんと確認していました!




そして、薬の飲み方(使い方)の確認をした後、
病院に役立つ日本語教室で学んだことで、大切だと思うこと
これからもっと勉強したいことをみんなで話しました!

紹介状、診察券や症状のことなど
それぞれが大切だと思うことを話していました。
また、自分の国の病院と日本の病院との違いを話している人もいました。

もっと学びたいこととして、医者の診断が分かるようにしたい、
自分が感じる痛みの程度を伝えられるようにしたい
などがありました。




最後に、簡単にですが修了証の授与式をして、記念撮影をしました。














多くの人があまり休まずに参加してくれました!
本当にありがとうございましたキラン

来年度からもみなさんに楽しく学べる場所を提供できるように
頑張ります!  


Posted by Vivaおかざき!! at 13:44Comments(0)日本語教室

2017年03月02日

病院に役立つ日本語教室 第3回目を開催しました!

2月26日(日) 13:30~16:30

病院に役立つ日本語教室 第3回目

が開催されました!

今回のテーマは、「診察を受けられるようにしよう!」でした。



まずは先週の病院見学の振り返りとして、実際に行った場所を思い出しながら話ました。

それから、病気やケガをしたときにどうするかを確認をしました。
普段の生活で薬を買ったり、近くの病院にいったことがあったりする学習者さんは、基本は問題ない様子でした。



続けて市民病院での受診方法として、『初診』『再診』の違い、『紹介状』について勉強しました。
紹介状の有無や予約の有無によって受付窓口や時間が違ったり、料金が変わったりするので、大事なポイントです。
日本語パートナーさんもあまり病院に行かない人は知らない情報があって、学習者さんにとっても日本語パートナーにとっても勉強になったようです。



受付までの流れを確認したところで、実際の診療申込書や問診票を使って書き方も勉強しました。
申込書には『循環器科』など専門用語がいっぱいで読み方やどんな病気の時にいくのか、日本語パートナーさんと確認していました。

一通りの確認が終わったところで、病院で症状を伝えられるように、いろいろな表現を勉強しました。
最後に、それぞれの言語で病気のことを伝えられる『多言語医療問診票』を紹介して、今回の授業は終わりました。



早いもので、次回(3/5)が4回目のラストです。これまで勉強したことを振り返ります。

場所は、りぶら 102会議室
時間は、13:30~15:30
です!

おたのしみに!  


2017年03月01日

「日本語見本市」に参加しました!


こんにちは。
vivaスタッフのもりしたです。

2月26日(日)に

岐阜県 可児市で開催された

NPO法人 可児市国際交流協会 主催

「日本語見本市」に参加しました!



昨年に引き続き、今年も声をかけていただき、

ブース出展することができました!



会場には、とても多くの人がいました。
また、料理を提供してくれるキッチンカ―もあり、お祭りのような雰囲気でしたキラン

見本市では、可児市国際交流協会の方の成果報告会があり、
今年度の取り組みの様子や成果などを聞くことができました!
様々な日本語教室を開催していてすごいなと感動しました!

また、実際に日本語教室に参加している方の発表があり、
自分のことや母国のことをスピーチしてくれました。
緊張しながらも、一生懸命発表している姿がとても印象的でした!

昼休憩の後、日本語見本市に参加している教室や団体による
パネル発表がありました。





岐阜県や愛知県で活動している様々な教室・団体の取り組みの様子を聞くことができましたキラン

どれもとても参考になる内容で、vivaの今後の活動に活かしていきたいと思いました!!


最後に、日本語見本市の後に開催された
岐阜県国際交流センター主催の
地域日本語教育全体会議にも参加しました!

米勢治子先生のお話を聞きながら、
自身が関わっている地域日本語教育の課題について、
参加者の人たちと考えました。

様々な立場の人の意見を聞くことができ、
今後、教室に関わっていく中で参考になる考え方も
多く学べました。




地域の日本語教育を少しでも良くしようとするみなさんの熱意に触れ、
僕らもより頑張っていこうという気持ちが湧いてきました!

とても貴重な機会をありがとうございましたキラン  


Posted by Vivaおかざき!! at 18:50Comments(0)地域日本語教育

2017年02月21日

病院に役立つ日本語教室 第2回目が開催されました!

こんにちは!
vivaおかざき!!スタッフのもりしたです。

2月19日(日) 13:30~16:30

病院に役立つ日本語教室 第2回目

が開催されました!


今回は市民病院へ見学に行きました!
実際の病院へ行き、中の様子を見ることができる
とても貴重な機会でした!

ご協力してくださった市民病院の方に感謝です!


さて、ここからは教室の様子です。

今回は市民病院へ路線バスを使って移動でした。
そのため、りぶらの入り口に13:30までに集合して、
全員集まってからバス停まで移動しました。

時間通りに集まってくれるか不安でしたが、
5分前にはほとんど全員の方が来てくれたので安心しました!

そしてバスに乗り無事に市民病院へ到着しました。
バスに初めて乗ったという人もいて、
運賃を一気に入れても金額がちゃんと表示される機械に
驚いてました。







(いよいよ病院に入ります!)

日曜日ということで、病院はお休みでした。
なので、普段とは違う入り口から中へ入りました。

先週の教室で病院の流れについて勉強したので、
その流れに沿って病院内を移動しました。

「受付」「待合室」など、それぞれどういう場所なのかを
思い出しながら、実際の雰囲気や書かれている日本語などを学びました。






それぞれ興味のあることばをメモしたり、
分からない言葉を日本語パートナーさんと話したりしていました。

病院を見学したのは1時間ほどでしたが、
参加してくれた方にそれぞれ得るものがあったようで、
とても良い時間になったのではないかなと思います。

見学が終わり、帰りのバスに乗る際、
vivaのスタッフが2人乗り遅れるというハプニングもありましたが、
無事に終了しました!




今回学んだことが、みなさんのこれからの生活に
役立つことを願っています!

次回は(2/26)は、市民病院で気になった日本語や見学したときに
聞きたかったことなどを話したりします!

場所は、りぶら102会議室
時間は、13:30~15:30
です!


おたのしみに!

日本語パートナーさん募集中です!

興味のある方は下記アドレスまでメールをお願いします。
viva.okazaki@gmail.com

  


Posted by Vivaおかざき!! at 22:54Comments(0)日本語教室

2017年02月13日

病院に役立つ日本語教室が始まりました!!


お久しぶりです!!
vivaおかざき!!のスタッフのもりしたです。

気が付けばもう2月になりましたね。
まだまだ寒い日が続きますが、
体調を崩して病院に行くなんてことが
ないように体調管理に気を付けたいですね。


さて、病院と言えば!!

2月12日(日) 13:30~15:30
りぶら102会議室
病院に役立つ日本語教室 第1回目
が開催されました!!

去年のこの時期に開催した時に、数多くの人に参加してもらったので、
今年は去年の倍の全4回で行います。

第2回目では市民病院へ見学に行くという
とても貴重な体験ができる教室となっています!


さて、第1回目の今回はなんと!!
30人以上の方が参加してくださいました!!

テーマが病院ということでやはり勉強したいと
いう人が多くいるんだなぁと感じました。




ここから、教室の様子について書いていこうと思います!

まずは、グループで自己紹介を行いました。
ブラジル、フィリピン、ロシア、フランスなど
様々な国の人が参加してくれました。


その後、病院の流れについてグループで話しました。

「受付」「待合」「診察・検査」など、それぞれ何をするところなのかを
話し合いました。

分からない人がいると
「受付は保険証・診察券を出すところ」
「待合は診察を待つところ」
など、簡単な日本語に変換して説明したり、
友達同士で教えあったりしていました。




流れを確認した後は、病院で大切な言葉を確認しました。
病院でよく使う言葉はとても難しいと思うのですが、
知っている人が多く、日本語パートナーさんと一緒に
分からない人たちへ一生懸命説明していました。


教室全体を見ていて、みなさん楽しそうに話しながら
「この言葉はこの意味であってる?」と質問するなど
真剣に取り組んでいました。

みなさんの学びの助けになる教室となるよう
これからも頑張ろうと思いました。




次回(2/19)は、バスに乗って市民病院へ見学に行きます!

実際の病院を見て、どんな雰囲気なのか、どんな日本語があるのかを
勉強します!

りぶらの正面玄関に13:30に集合です!

お楽しみに!


日本語パートナーさん募集中です!
興味のある方は、下記アドレスまでメールをお願いします。
viva.okazaki@gmail.com
  


Posted by Vivaおかざき!! at 23:03Comments(0)日本語教室

2017年01月24日

報告会 『日本語教室の可能性をひろげよう!-「つながる」から「ひろがる」へ-』を開催しました

1月22日に日本語教育事業報告会として 『日本語教室の可能性をひろげよう!-「つながる」から「ひろがる」へ-』を開催しました。

この報告会では、Vivaおかざき!!が今年度行ってきた日本語教室事業の報告と、ポスターセッションや参加型ワークショップを通して、「地域と日本語教育」についてアイディアを共有し、今後の事業に活かすヒントを見つけることを目的に企画しました。
当日は、日本語教室関係者や大学教員・学生、行政職員、外国人住民を中心に、44名の参加者のみなさんにお越しいただきました。



はじめに、Vivaおかざき!!代表の長尾晴香より、団体紹介と事業の報告をさせていただきました。



当日の資料はこちらからダウンロードいただけますので、興味のある方はご覧ください電球
(発表資料は、当日使用したパワーポイント資料、配布資料は当日印刷して来場者のみなさんにお渡しした資料です。)

%E7%99%BA%E8%A1%A8%E8%B3%87%E6%96%99_1.pdf (PDF: 3244.31KB)
発表資料

%E9%85%8D%E5%B8%83%E8%B3%87%E6%96%99.pdf (PDF: 1941.56KB)
配布資料

次に、地域につながる日本語教育をされている団体によるポスターセッションを行いました。
ポスターセッションに協力していただいたのは下記の9団体です。
今回は愛知県だけでなく、岐阜県、静岡県からも来ていただきましたキラン

・一般社団法人磐田国際交流協会
・一般社団法人かにえ子ども日本語の会
・NPO法人可児市国際交流協会
・NPO法人シェイクハンズ
・NPO法人東海外国人生活サポートセンター「らくらく日本語教室」
・とよた日本語学習支援システム(名古屋大学)
・NPO法人トルシーダ
にほんごひろば/東浦通訳ボランティア
・NPO法人フロンティアとよはし



その後のワークショップでは、今回の報告会やポスターセッション、普段の活動を通して感じていることから、話したいテーマを3つ出してもらって、好きなグループに分かれて話し合いました。
今回は以下の3つのテーマが出ました。

・外国人向けの情報発信目
・学校の勉強をどう教えたらいいか鉛筆
・日本語教室の担い手の探し方鍵





最後にそれぞれのグループでどんな話が出たかを共有しました。
短い時間でしたが、それぞれのグループでいろいろなアイディアが出たようで、「今まで気づかまかったけれど、できることがあると気づけたひらめいた」という感想もありました。

当日は、多くの来場者の方にお越しいただいただけではなく、準備・運営のボランティアのみなさん、またポスターセッションにご協力いただいた活動団体のみみなさんなど、本当に多くの方にご協力をいただきました。ありがとうございましたキラン
地域と日本語教育をつなげ、少しでもこの地域の多文化共生に資することができるよう、努力していきたいと思います!  


Posted by Vivaおかざき!! at 20:28Comments(0)地域日本語教育ワークショップ

2017年01月10日

日本語教育事業報告会 『日本語教室の可能性をひろげよう!-「つながる」から「ひろがる」へ-』開催します

遅くなりましたが、みなさんあけましておめでとうございますキラン
本年もよろしくお願いします!

Vivaおかざき!!の2017年最初のイベントは、1月22日(日)に行う成果報告会です手のひら
当団体の1年間の活動報告をしてから、ポスターセッション、参加型ワークショップと盛りだくさんな内容になっています。

ポスターセッションでは、地域につながる日本語教室をされている9団体さんに発表いただきます。愛知県内だけでなく、岐阜県や静岡県と幅広い地域の団体さんの活動を見ることができます電球

ぜひ一緒に「地域と日本語教育」について考えてみませんか?






みなさんのご参加お待ちしています!!

*****
Vivaおかざき!!日本語教育事業報告会
「日本語教室の可能性をひろげよう!-「つながる」から「ひろがる」へ-」

Vivaおかざき!!は、地域とつながる日本語教育を考えるワークショップや日本語教室を開催してきました。
これまでの活動報告と、ポスターセッションや参加型ワークショップを通して、みなさんと一緒に地域と日本語教育について考えたいと思っています。

日時:2017年1月22日(日)14:30~17:30
会場:東部地域交流センター・むらさきかん 第6活動室
   (愛知県岡崎市藤川町田中19番地)
問合せ・申込み:viva.okazaki@gmail.com
件名に「報告会申込み」、本文に氏名・所属・連絡左記(電話・メール)・参加動
機を記入の上,上記のメールアドレスまで。
参加費:無料
定員:40名(先着順)
【プログラム】
第1部 14:30~15:00 事業報告
第2部 15:00~16:30 ポスターセッション
            地域につながる日本語教室をされている団体によるポスターセッションを実施します。
第3部 16:30~17:30 ワークショップ
主催:Vivaおかざき!! 後援:岡崎市
平成28年度生活者としての外国人のための日本語教育事業

1.pdf (PDF: 161.74KB)
  


Posted by Vivaおかざき!! at 14:51Comments(0)地域日本語教育お知らせ

2016年11月26日

生活に役立つよみかき教室 第11回目が開催されました!

こんにちは!

vivaスタッフの森下です。

11月20日(日) 13:30~15:30

りぶら102会議室


生活に役立つよみかき教室 第11回目

が開催されました!


よみかき教室最後の日でした!

なので、教室を通してのふりかえりをしました。


最初に、11月13日の上映会で作品を見た後に

参加した方から頂いたコメントを渡しました。

コメントを渡すと、みなさん一生懸命読んでいました。

分からない言葉があるときは、パートナーさんに聞きながら

コメントを読んでいました。




そのあと、作品を作ったときに

自分でできたこと・できなかったこと・できるようになりたいこと

をパートナーさんと話しました。

「ひらがなやカタカナで文を作るのはできたけど、まだ漢字や長い文を作るのは難しかった。」

という人や、

「次は、もっときれいな日本語を使えるようになりたい。」

と次の目標を見つけた人など、みなさん作品づくりを通して色々と思うところがあったようです。




そして、みなさんの人生について話しました。

「自分と外国とのつながり」というテーマで、

昔のこと・今のこと・未来のことを話しました。

「昔、マレーシアへ旅行に行ったよ。」

「今、英語を勉強中です。」

「将来、日本で働きたい。」

など、みなさん様々な経験やこれからの計画があるようです!




最後に、簡単にですが修了証の授与式を行い、記念写真を撮りました!






8月30日から長い間お疲れ様でした。

次は病院に役立つ日本語教室です。

来年の2月ごろに開催する予定です。

お楽しみに!

また、12月4日(日) 9:00~17:00に

バスツアーをします。

陶芸体験を行ったり、和菓子作りの見学をしたりします!

ぜひご参加ください!

集合場所:岡崎市図書館交流プラザ 正門前

集合時間:9:00

参加費 :教室参加者 1,500円
     (家族は +1,000円/1人)
    
     一般 2,000円

です。

詳細はチラシをご覧ください!


  


Posted by Vivaおかざき!! at 10:56Comments(0)生活に役立つよみかき教室

2016年11月26日

Vivaつながるセミナー2「日本語教育と地域のつながりを生むプログラムデザイン」を開催します

今回は、セミナーのお知らせです。
地域の日本語教室では、いかに周囲とつながっていくかが課題の一つです。
また、ただ日本語を教えるだけでなく、まちづくりにいかに貢献していくかに関心が寄せられています。

そこで、関西地方で「まちづくり」や地域参画型のプロジェクトに関わっている中脇健児さん(場とコトLAB)をお呼びし、まちを巻き込んだプロジェクトについてお話を伺い、今後の地域日本語教育を考えていくセミナーを開催します。

中脇さんには、昨年度もお越しいただき、参加者と一緒に日本語教育を通じたまちづくりのあり方について考えました。
その様子はこちら
ここでは、お話を聞くだけでなく、今後どのように地域連携を行うかを講師とともに考えていきます。

東海地方ではなかなか聞けないお話ですので、ぜひともご参加ください!




******
Vivaつながるセミナー2「日本語教育と地域のつながりを生むプログラムデザイン」

日本語教室にもっと多くの人が関わってくれたらと悩んだことはありませんか?
まちづくりのプロから、地域とのつながりを生む仕掛けづくりのヒントを学びます。

日時:2016年12月11日(日)13:30~17:30
場所:岡崎市図書館交流プラザりぶら102会議室(岡崎市康生通西4-71)
講師:中脇健児(場とコトLAB)
参加無料/先着20名
対象:日本語教育・まちづくりに興味のある人(他分野からの参加歓迎)
問合せ・申込み先:viva.okazaki@gmail.com(担当:長尾)
申込み方法:件名に「Vivaつながるセミナー2申込み」、本文に氏名・所属・連絡
先(電話・メール)・受講動機を記入の上、メールにてお申し込みください。
主催:Vivaおかざき!!/後援:岡崎市/平成28年度文化庁「生活者としての外国人」のための日本語教育事業

Viva%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8B%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC2.pdf (PDF: 2606.37KB)
  


Posted by Vivaおかざき!! at 08:22Comments(0)地域日本語教育日本語教室